嫉妬は心理学的にどういう意味がある?

嫉妬 意味 心理学

嫉妬って心理学的にみてどういう意味がるのでしょうか?
そもそも嫉妬という感情に意味がないという話があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
嫉妬って意味ない感情?

嫉妬って他人と比較して生まれる感情です。
あなたが有名な会社に就職しようと面接に行ったときに
もう一人、面接を受ける人がいたとします。

ライバルですね。

もしあなたかもう一人のどちらかしか
採用されないとしましょう。

それで、もう一人の人は面接でどんな質問にも
余裕で答えているけど、あなたは緊張してうまく答えられなかったとします。
しかも、面接官はもう一人の人に
「よく緊張しないで話せるね。当社が必要としている人材だ」
とあなたの目の前で言っていたら、嫉妬してしまうのではないでしょうか。

それではここからが本題です。
嫉妬は心理学的にみてどういう意味があるのでしょうか?

スポンサードリンク

嫉妬は心理学的にみてどんな意味があるの?

自分の負けを認めている心理状態

嫉妬 心理

先ほどの面接の事例がまさにそうなのですが。
ライバルの方が明らかにできていて
自分の方が劣っている、つまり負けを認めた瞬間に
嫉妬の感情が沸き起こってきます。

「私はダメな人間なんだ。クソ!」って嫉妬心が生まれるんですね。

嫉妬しているときは相手のことが信用できなくなる

嫉妬

たとえば恋愛しているとします。
相手はモテます。

よく異性と楽しく喋っているのを見かけるとしましょう。
おそらく嫉妬すると思います。

そんなときに相手が異性とレストランに二人きりで食事に行ったりしたら
「浮気でないから大丈夫!」ってなるでしょうか。
おそらくならないと思います。

不安で不安で仕方ないでしょう。
こんな感じで嫉妬している状態では相手のことが
信用できなくなってくるんですね。

先ほども言いましたが嫉妬は自分の負けを認めた状態です。
負けた自分に対して相手は非情な行動をとるだろうという
心理が働くわけです。

そのため相手のことが信用できなくなってくるんですね。

こちらも参考に! ⇒職場恋愛で嫉妬しない方法3つご紹介

スポンサードリンク

嫉妬は心理学的にどういう意味がある?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

感情まとめサイト目次
嫉妬って意味ない感情?
女同士なのに嫉妬する心理

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 1月 11日
  2. 2018年 1月 11日
  3. 2018年 1月 15日
  4. 2018年 1月 15日
  5. 2018年 1月 15日
  6. 2018年 1月 15日
  7. 2018年 1月 15日
  8. 2018年 1月 16日
  9. 2018年 1月 17日
  10. 2018年 1月 18日
  11. 2018年 1月 18日
  12. 2018年 1月 18日
  13. 2018年 1月 18日
  14. 2018年 1月 19日
  15. 2018年 1月 22日
  16. 2018年 1月 22日
  17. 2018年 1月 22日
  18. 2018年 1月 23日
  19. 2018年 1月 24日
  20. 2018年 1月 25日

ページ上部へ戻る